印鑑の王と言われる素材

印鑑の王イメージ

印鑑の素材も様々あります。
会社の代表印ともなれば、使う場面は会社の存在にも関わる重要なことが多いはず。
他社との契約などの場面に使われることと思います。
その際はやはり恥ずかしくないような、しっかりとしたものがいいのではないでしょうか。

印鑑の素材で、一般的なのが木材で「柘」という印材です。
その中でも鹿児島県産の原木から取れる柘は「薩摩本柘」とも呼ばれている高級品です。
柘は木材の中では耐久性に優れ、木質が固いので細かな彫刻に向いているため、印鑑の多くはこの柘で作られています。
私の実家の印鑑の中に、柘で出来たものがあったのですが、持った時の肌触りがとても気持ちよく、押印する時の感触もとてもいいものでした。
通販サイトを見ても、この柘を使った代表印などの会社印のセットがあったりもしますね。
値段もリーズナブルで、まさにいいとこずくめな印材です。
しかし木材なので、湿気や汚れに弱く、手入れが必要なのが欠点と言えば欠点なのかもしれません。

その他には「象牙」があります。
これは有名だと思いますが、超高級品です。
「象牙」は印鑑の王とさえ言われるくらい、印鑑に適した印材なのです。
印鑑の彫刻に最も適した硬さやねばりがあり、その品質は他とは比べ物にならないくらい圧倒的らしいのです。
昔は一時乱獲されてしまった経緯があり、現在は野生種の保存の観点から、適正に輸入したものだけが取引され使われています。
代表印ともなれば、この象牙クラスを使っていたいものですね。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

高品質なだけでなくサービスが充実!
印影デザイン確認サービスでどのような印鑑になるか見てわかるから安心!

値段以上の満足感は印鑑ネットから

ページの先頭へ